肌を柔らかくする

カルテを持つ医者

老人性イボとは、お年寄りの顔や腕などにできる黒色のイボのことです。その特徴としては、イボの表面にざらつきがあり、数ミリくらいに盛り上がっています。 老人性イボができる原因は、長年の紫外線による影響です。そもそも人は紫外線を浴びると、表皮でメラニン色素が作られ肌に害がないようにブロックします。通常のケースでは、作られたメラニンは新陳代謝で排出されます。ですが、高齢になると新陳代謝が衰えるので、メラニンがスムーズに排除されません。そのメラニンが少しずつ肌に蓄積することで、老人性イボができます。 統計によると、老人性イボは80代以上のお年寄りには100パーセントの確率で見られます。また、若い人でも紫外線をたくさん浴びると、早期に老人性イボができるようになります。

老人性イボを解消するには、アプリコットオイルが効果があると考えられています。このアプリコットオイルとは、種子の中にある仁を低温圧搾して取られたオイルです。このオイルには、人間の皮脂に最も多く含まれているオレイン酸が豊富にあります。なので、このオイルでスキンケアすると、肌を柔らかくしてイボを取り除くことができます。 アプリコットオイルでのスキンケア方法は、まず洗顔後、化粧水などで肌を整えていきます。化粧水で水分を与えることで、肌に潤いを保たせることができます。その後、オイルを少量手に取って、イボが気になるところに適量塗布していきます。数週間くらいお手入れを続けると、老人性イボが小さくなって除去することができます。