レーザーの効果

女性の脚

老人性イボは、皮膚に出来る良性の腫瘍です。放置していても命に危険があることではありません。しかし、大きくなったり数が増えてしまうと、見た目にもよろしくないので治療をすることも一つの選択です。ただ、取り除くとなればその手術痕が残ることが懸念されます。そこで現在行われている治療の主流が、炭酸ガスレーザーでの治療です。 炭酸ガスレーザーとは、照射した部分の水分が蒸発していく治療法で、老人性イボだけを削っていくやり方です。治療後はかさぶたが出来るのですが、時間が経過すると剥がれてきれいな肌に変わります。治療の過程でへこみが出来ることもありますが、これも時間の経過で徐々に盛り上がり平らになります。ただ、治療痕があまり目立たないですが、炎症した部分がシミになる可能性もあります。その場合には、医師の指示に従い、スキンケアを行います。

老人性イボをの取り除く治療として、炭酸ガスレーザーや液体窒素での凍結療法などがあります。それらの治療を行うためには、まず美容外科や皮膚科、形成外科など医療機関へ足を運ぶことです。医療機関で最初に行うのはカウンセリングです。老人性イボがどのような状態だったのかを確認して、治療法が提案されます。 治療法に納得したら、手術日を予約して当日を待ちます。手術当日に医療機関に行くと、手術中に痛みを感じないように局所麻酔が行われます。麻酔は注射ではなくクリームを塗ることが多いです。炭酸ガスレーザーでは、そこから老人性イボ一つ当たりに、数分程度で治療が出来ます。数が多くともそう長い時間はかかりません。老人性イボをの取り除けたら、傷跡が早く治癒するように薬を塗ります。テーピングなどで傷跡を保護した後に費用を支払います。なお、老人性イボの治療では保険は適用されません。 手術後は治療痕が残らないように、メラニン色素の生成を抑えるハイドロキノン配合の医療用美白剤などが処方されることがあります。